夏休みと読書感想文


先日、妹家族が遊びにきました。
姪っ子・甥っ子たちが夏休みの宿題の読書感想文で読む本が欲しいという事なので

「よっしゃ!おっちゃんがなんば買うちゃるけん。本屋さんばいくたい。」

子供達を引き連れ、本屋さんへ行ってきました。
小学校4年生と3年生。そして1年生です。
ちなみに小4の一番うえの姪っ子は、もう手を繋いでくれません

自分がこの子たちぐらいの年に、どんな本を読んでたかなんて、ちっとも覚えてないので
子供達に自由に選ばせました。

以外にもまじめに宿題のことをちゃんと考えて選んでました(笑)

「おいおい、、、そんな厚い本、ほんとに読み切れるのかよ
案の定、家に帰ってきてママに
「今から読まないとね」
って言われてました(笑)

でも、宿題とはいえ活字に向き合うことは大事ですよね!

偉いぞ。

いつか、この子達が大きくなった時に
昔、読んだ本の思い出を話しあったり
おじちゃんの本棚にある本なんかにも興味をもったり
するのかなぁ。。。。


スタッフブログ一覧