データ作成の気をつける点

印刷用の完全(完成)データというと敷居が高く感じてしまいますか?

実はそんな事ありません。

確かに印刷に関する細かいルールはあります。
ですが、もっとも気をつけなければならない点は、実はごくわずかなのです。

PDFで入稿する際、もっとも注意すべき点はフォントに関することです。
Wordなどのオフィス系ソフトで作成しようとする場合、フォント(書式)は個々のパソコン環境に依存しています。
その為、使用フォントと同じフォントがインストールされていない他のマシンで、作成した書類を開くと文字バケやリフロー(文字の送りがズレて変わってしまったり、文字ボックスから“あふれて”文末までちゃんと表示されない)などが起こってしまいます。しかもなんのアラート(注意勧告)もありません。
また特殊な字体(旧漢字や数学記号など)もバケる(違う文字や記号に置き換わってしまう)事が多いです。
そういった文字には、それぞれ個別のコード表(例:安=Unicode:5B89、Shift JIS:88COなど)にて管理されており、その種類にはISO基準や 日本語のJISなどさまざまがあります。

またそれぞれのフォントの全てがモノによってはコード表のすべてを網羅しているわけではないので、あるフォントではちゃんと表記されたのに、別のフォントでは違う記号に変わってしまったりスペース(空白)に置き換わってしまったりといった事がおきてしまいます。
ですので、逆にいえばほとんどのパソコンに基本的にインストールされているフォント書体を使えば良いわけです。

書き出されたPDFであれば、フォントの埋め込みが重要になります。
ファイル→プロパティを選択すると「文書のプロパティ」を確認することができます。
PDFの形式などの概要や文書のセキュリティに関することと共に、文書で使用しているフォントの一覧も見ることができます。
フォント名の横に(埋め込みサブセット)とあれば、それがエンベット(埋め込み)されているということです。
フォントが埋め込まれていれば、他の環境のパソコンで開いてもPDFは文字が正しく表示されます。

小説のような文書ではなく写真やイラストが使われている場合、紙面の端まで絵柄がある場合はあえて端よりも外側まで絵柄がある事が望ましいです。
なぜならば、印刷された状態のモノは最終的に断裁によって大きさを整えるため、切れる分の絵柄が必要となります。
どうしても絵柄が足りない場合は若干(101%とかに)拡大して対応しますが、各々のイメージもあると思いますので、ちゃんと絵柄があることが望ましいでしょう。

印刷したい本がカラーである場合、モニターで見えるRGBと印刷インクであるCMYKでは、発色などの関係から色味も変わります。
NICE To BOOKsではオンデマンド印刷機による自動変換を用いています。
RGBとCMYKでは表現の色域に差がありますので色味の変化は一概には言えません。

以上を踏まえたデータの作成であれば、他の問題はケースバイケースという事がほとんどですので対応できます。
また、お客さまとの連携を重視してますので納得して頂いてから作業しています。

またMacintosh(マッキントッシュ)での作業は勿論、WindowsでのDTPも承っていますので、まずはお問い合わせください。

スタッフブログ一覧