校正記号ってご存知ですか?

通常、印刷物は校正刷りという試し刷りを行いますが、その時、
刷り上がりと原稿を照らし合わせ、誤りがないかどうか確認します。

そこで修正がはいる場合、修正指示が行われます。
そういった修正指示を「赤字」といい、赤いペンで書き込まれるのが通常です。
赤字を見た第三者が指示内容を正しく理解する為に、書き方にもルールや赤字内容を補足するための記号があります。

いくつか例をあげてみましょう。

赤字「トルツメ」
余分な文字を取り去り、その後に続く文字は前に詰められます。
赤字「トルママ」
余分な文字を取り去り、その文字のあった空間は空けたままにします。
赤字「挿入」
新たな文字を挿入します。
赤字「改行」
差し込んだ赤い線の部分から改行します。
赤字「複数文字トルツメ」
複数の文字を取り去り、前に詰めます。
赤字「文字訂正」
正しい文字に訂正します。
赤字「行あげ」
赤い線のところまで移動させます。
赤字「行さげ」
赤い線の指示部分まで文字を下げます。
こんな具合に修正内容に補足して記号が書き込まれます。

勿論、他にもまだまだ赤字の入れ方のルールがありますが今回はこの辺で。

いろいろ調べて覚えておけば、誤解なく赤字修正内容を伝えられるので便利です。

スタッフブログ一覧