「販促物」の中でも、 最近営業効果が極めて高い 「自分史」!!

営業

こんにちは猪崎です。



私は社会に出てからずっと営業職ですが、

営業手法で一番大事なのは「売り込まない」ことだと思っています。




普通、営業が「売り込み」を匂わすだけで警戒されます。

「口車」という言葉が表すように、営業は口が達者なので、

「まんまと口車に乗って買わされてしまう」と警戒するんですね。

だから「売り込む」のではなく、

「買いたくなる」瞬間を見逃さないようにするんです。



営業と話をするのには、相手も何か目的があります。

何かしら興味を持つからなんですね。

そうでなければ忙しい合間を縫って会ったりしません。

皆さん時間は貴重なはずなんです。
(たまに暇なんで会ってくれる人もいますが、、)

そこで「この人は何に興味があって会ってくれているのか?」

会話の中で見つけ、それが見つかれば、

後は会話の中で「買いたくなる」瞬間を見逃さないようにするだけです。


販促物
そんな営業活動を手助けしてくれるツールが「販促物」です。

そうチラシやパンフレットですね。

そんな「販促物」の中でも、



できれば書店に並ぶような本であれば一番ですが、

出版となると費用も掛かるので、

最初は自費出版で良いと思います。

自費出版であれば100部くらい少数でも作成できますし、

見た目は奥付さえ見なければ、書店に並ぶ書物と同様です。


本当に効果大ですので、少し営業活動が硬直化しているなぁ~と思う方には、

これはお勧めです!!
読書する
 
スタッフブログ一覧