初めまして鈴木です。

1万円選書

担当『鈴木』です。

北海道にある有限会社いわた書店をご存知でしょうか?
不況といわれる出版印刷業界のなかでも話題のお書店です。

ご存知の方も多いでしょうがこちらのお店で行っているのが1万円選書です。
本の好みや簡単なアンケートを元に1万円分の本を送ってくれるというもの。

注文した方の満足度が非常に高く、話題になりすぎて依頼が殺到しています。
現状は依頼をお断らなければならない状態です。

インターネットの普及で本を探すことは比較的簡単になりました。しかし毎日のように新刊の発行がある以上、過去の本も含め世の中は本で溢れています。自分が求めている本に出会うことが難しくなっっていることが人気の秘密かも知れませんね。

私がパーソナリティーをしているラジオにも書店員やゲストの方が本を薦めてくれるコーナーがあります。
最近は本の話題から脱線することも多いですが毎回楽しみにしています。

誰かが薦めてくれる本で読むか読まないか迷った時は読むようにしています。
そのときは役に立たないと思った知識が後々生きてくることはよくあることです。
私も優秀な学生ではありませんでしたが勉強もそうだったのではないでしょうか?

はじめてやることはハードルが高い、2回目からは低く見えるのでは?
本を書くこと、文章を書くことも同じなのではないでしょうか?