先日何かと話題になっていた公衆電話ですが使用方法を自分の子供に教えていますか?

 

特に難しいことは無いと思いますが、年齢が10代ともなると公衆電話を使ったことが無い子供もいます。

携帯電話の普及で自宅に電話回線が無いご家庭もあるようです。

 

私が子供の頃はまだ公衆電話は全盛期でテレホンカードが沢山出回っていました。

テレカが無い場合は自分の財布から数少ない10硬貨を探して電話をしたものですが親がやっていたことを真似ていただけですがで相手先の電話番号さえ分かれば何とかなりました。

 

初めて一人でかけた公衆電話の体験を覚えています。

一人で電車に乗って親戚の家に行った時、最寄の駅から親戚の家に電話をした時でした。

 

グリーンの電話から聞こえてきた親戚のおじさんの声が心強かった事を覚えています。

その後、車で迎えに来てくれた叔父と叔母の顔を見て泣きそうだったのは内緒ですが。

 

結構なスピードで減っていくテレカの残り度数やもうすぐ切れるときになるブザーのような音が通話が有限なことを教えてくれました。

 

子供でしたが報告、連絡を簡潔に短時間で伝える方法を考えなければ無常にも電話が切れ掛けなおす必要がありました。

結論から先に言うことがいかに大切か思い知らされていましたね。

 

携帯電話のプランで月々の通話時間が○○時間まで無料になんてことになり、通話時間を気にせず友達と話せるようになったのは助かっていますが、話している相手の時間を奪うことを考えるとラインなどに移行していくのも仕方の無いことかも知れません。

スタッフブログ一覧