世の中にはいろいろな仕事があり、同じような仕事をしている社会を業界などと呼びます。

旅行業界、鉄鋼業界、ファッション業界などあげるとキリが有りません。

 

当然の事ながらその業界でしか通じない言い回しや言葉が沢山存在します。

私のいる印刷業界でも一般の方は一生聞かないであろう用語が飛び交っています。

昔のように終身雇用であるならば別の社会の業界用語は一生知らなくても困らないわけです。

 

ネットラジオの仕事は始めた頃、業界用語の無知が原因の失敗談を1つ書いてみます。

 

収録を初めて2回目か3回目の頃だったと思います。

本当に余裕が無くて起こったミスです。

台本読みに集中しすぎて「ここでSS」と書かれた台本をそのまま読んだことが有ります。

もちろんその部分カットされて、再収録になりました。

台本に書いてある「SS」とは「サウンドステッカー」という意味でCM終わりやパーソナリティーが話し始める前に入る音源のことです。

音声担当の係りが「SS」を入れるタイミングが書いてあるだけです。

台本として読んではいけません。

 

今となっては笑い話ですが、本当にお恥ずかしい話です。

10年ネットラジオのお手伝いをしていますが、収録が月に1回なのでなかなか上達していないのが現状です。

 

弊社のHPもいろいろな業界用語が出てきています。

一般の方には馴染みの無い用語については、「本づくりあれこれ」と「よくある質問」をご参照いただけると助かります。

もちろんメールホームからのお問い合わせも受け付けています。



スタッフブログ一覧