お客様が大切にされる想いを守るために著作権を大事に取扱います

同人誌の多くは「二次創作作品」が多くを占めています。
原作の著作権者の許諾を得ることなく二次創作物を不特定多数への販売することは、著作権侵害の恐れがあります。
二次創作活動は、ファン活動の延長線上にあるものとしてとらえ、原作との相乗効果を期待することもあり、多くの場合黙認されていますが、商業出版と同人誌の持ちつ持たれつの関係が長く続いたことにより、同人誌は今や世界におけるマンガ・アニメ隆盛の原動力のひとつであり、ひとつの分野を形成するまでに至りました。最近は、ガイドラインを設けた上で二次創作を認めるなどの「明示の許諾」に切り替える動きがあります。現時点で著作権侵害は親告罪とされており、著作権者が告訴しない限り刑事責任を問えない。しかし、訴えられてしまえば申し開きのできない「ゾーン」あるということだけは認識してください。
二次創作作品は違法です。
著作物を作者の許可なく改変することは翻案権または同一性保持権の侵害となります。
また特に改変しない場合、たとえば漫画のお気に入りのシーンをトレース(模倣)して描く場合(創作性がない場合)などは複製権の侵害となります。

※ 以下の事例では著作権侵害で訴えらえる危険性が高くなりますので、特にご注意ください
◎ 著作権侵害として法的手段を行なったことのある企業の著作物を題材とする場合
◎ 著しく反社会的、もしくは過剰な性表現の作品で原作イメージを著しく毀損する場合
◎ オリジナルをそのままコピーしたようなグッズ製作の場合
二次創作物は、元の作品があるとはいえ単独で作品として成立します。
二次創作物も、その作者の「思想または感情を創作的に表現したもの」になるので、著作物です。つまり二次創作の作者は、自分で作った作品の著作権を持つことになります。当たり前ですが、二次創作の作者は原作品の著作権は持ちません。あくまで自分で創作した個所についての著作権を持ちます。
そして原作品(一次創作)の作者(著作権者)は、二次創作物の作者と同じ権利を持つことになると決められています。
作者が二次創作を不快と感じるのなら、複製権や翻案権の侵害などで訴えることが出来ます。
発行の責任は本の発行人が負うことしかできません。
私たち印刷会社は代わりにはなれないのです。この発行責任を表すのが「奥付」です。「奥付がない」ということは、悪気はなくとも「何か隠さないといけないことがある」とみなされるケースが実際にあったからです。特に奥付のない成人向けの本は、ブラックマーケットと結び付いている可能性があると、当局からみなされるリスクがあります。
株式会社陽幸社では、奥付を入れることを推奨しています。
株式会社陽幸社は「表現の自由」を最大限尊重する立場で事業を続けております。
表現の自由が保障されているとはいえ、その表現が法令や公序良俗に違反することとなる場合はお手伝いすることができません。

2013年4月に成人向けマンガ雑誌を出版する「コアマガジン社」に家宅捜索が入り、7月に同誌の編集者が、わいせつ図画頒布の疑いで逮捕されました。この事件を受けて成年向けマンガ雑誌は、修正範囲を広げる・濃くするといった対応を取っています。同人誌はどうするべきなのか。「コミックマーケット」は従来から「商業誌に準じる」とされており、同人誌業界の標準となっています。商業誌をめぐる状況が変化したと認められる現在、同人誌における修正も必然的に厳しくすることが求めらています。

刑法175条の「ワイセツ図画」については、明文化された基準は存在せず、関係者の逮捕事例や裁判例を見ながら、主に「性器・結合部への修正を行う」ことで対応してきました。修正も当然ながら法的に「安全・明確」な基準が存在しない以上、「当局の判断」により逮捕、起訴される可能性をはらんでいるものであるという事実を認識していただき、最新情報・状況を把握されたうえで創作活動を行っていただくようお願いいたします。

修正をどうしたらいいのか? ご相談いただくことがございますが、株式会社陽幸社の判断基準は「逮捕事例や裁判例」を参考にした運用上の基準でしかなく、発行を保証するものではありません。厳しくすると注文が減少し、緩やかにすると注文が増える。この状況においては皆様とリスクを共有して行くしかありません。
株式会社陽幸社及びNICE TO BOOKs(ツーブックス)は、成人向け表記および著作権に関して充分注意・確認を致しております。
著作権・商標権を著しく侵害するものに関しましては印刷をお断り致しておりますし、成年向け性表現に関して修正が弊社規準を満たさないのもや成人向け表記がない頒布物に対しても印刷をお断りいたしておりますが、万が一印刷を行って法的トラブルを生じたとしても、弊社は一切の責任を負いません。
ご注文時にご了承いただいたものとみなします。
scroll-to-top