並製本について

並製本見本
手軽で親しみやすく、手に取りやすい書籍や小冊子、パンフレット、または契約書等に適した製本方法です。
ソフトカバーとも呼ばれる製本方法で、一般的にホットメルトという接着剤を使用し、チリはなく表紙と中身は同じ大きさになり、表紙は上製本と異なり芯紙を使用せず1枚の紙で仕上げます。
綴じ方は、アジロ綴じ・糸かがり綴じ・無線綴じがあり、背は角背のみになります。別仕立てのくるみ表紙を上製本と比べて簡素に仕立て、コストと製造時間をコンパクトに抑えられるのが大きな特徴です。
並製本は製本コストが安いというメリットがありますが、本の強度が低いため、長期間の保存にはあまり向かないというデメリットがあります。
本づくりに必要なこと

scroll-to-top