ポリプロピレンによるラミネート加工の一種です。

薄いポリプロピレンフィルムを印刷面に熱シリンダーで熱圧着させる加工方法です。
表紙保護の目的やインクはがれからの保護の為に行います。
また光沢性も得られます。

フィルムを貼っての加工による為、本来の色彩がよりはっきりと見えるようになり色調や明度の変化から、元の色味にくらべ濃くなったり赤く見えるようになってしまいます。
その為、加工後を考慮した画像補正を事前にしておく必要があります。

本づくりに必要なこと