フォントについて

フォントとはコンピュータにて作成する、さまざまなデジタルデータ文書上で表示につかう書体デザインデータのことです。

日本語の書体だけでも大きく分けて、明朝体・ゴシック体・楷書体・行書体などがあり、
またフォントデータ自体の種類にも、さまざまあります(ここでの説明は割愛します)。

フォントにはそれぞれのカタチ(プロポーショナル)がありますので、見出しに使用するフォントや本文に使用するフォントの種類を分けたり、強調したい部分に相応の書体を使ったりしてデザインの幅を広げます。

なお一般的でないフリーの書体やダウンロード販売などで、個人でインストールした書体をデータに使っていると、その同じ書体がインストールされていないと文字バケの原因になりますので基本的に使われないことをお勧めします。
また、イラストレーターやインデザインなどのソフトでは「書体のアウトライン化」をすることでオブジェクトにしてしまう事で文字バケを回避する方法があります。
本づくりに必要なこと