Portable Document Formatの略で、アドビシステムズが開発した電子文書のフォーマットです。
OS(オペレーティング・システム)や
個々のパソコンの環境に左右されずに、実際とほぼ同様のレイアウトをくずすことなく、文章や画像等を閲覧表示・印刷できる特性を持っていることから、さまざまな電子文書で広く使われるようになりました。

印刷の現場でも、いまでは一般的になっています。
それ以前はレイアウトがくずれてしまったり、文字バケ(フォントが作業するパソコン環境のフォントに差し変わってしまう)など様々なトラブルがありましたが、PDFの普及後、そういったトラブルも減りました。

但し、文書内で使われているフォント情報が埋め込まれている(エンベットされている)事が基本です。
特殊なフォントの場合、PDFに文字情報が埋め込まれないためデータ作成時には注意が必要です。

また原則としてPDFデータは編集作業ができませんので、入稿後に訂正作業などのある場合、お客様にて再度PDFデータを作って頂くか、元のドキュメントを入稿してください。
本づくりに必要なこと