見開きについて

本のページを開いたとき、向かい合っている左右の2ページを「見開き」といいます。

写真を左右2ページに全面に載せたり、
1ページに比べ全体のデザインを2ページにまたがって大きく配置するなど出来ますが、本自体の境目が開ききらないため、そのことを踏まえたデザイン配置が必要となります。
本づくりに必要なこと