グラビア印刷について

グラビア印刷機 図
グラビア印刷は、凹版印刷の一種です。オフセット印刷やフレキソグラフィー印刷と同様回転式の印刷機を用います。
この印刷方式では、円柱状の金属ロールの表面にセル(溝)と呼ばれる独立した溝を形成しており、この溝にインクが入るように適当な方法で版全体にインキを付け、表面をドクターと呼ばれる装置で拭き取りながら余分なインクを掻き落とし、溝に入っているインクだけを残し、そのインキを紙に押し付けて移します。
インクの移転量を変化させ色の濃淡を出すことが出来ます。微細な濃淡を表現することを得意としており、特に写真画像の印刷に適した印刷です。高精細な写真再現性を生かし、美術書や写真集、そして食品やお菓子などの包装フィルムの印刷に用いら、印刷速度の速さとその耐久性から大量部数の印刷に適しています。

印刷されたところを指で触るとインキの盛り上がりがよく分かります。

現在でも雑誌の写真ページなどがグラビアページと呼ばれるのは、以前グラビア印刷で再現していた名残です。

印刷の濃い薄いは、溝の幅とインキの厚みで表現するため、精巧で美しい印刷ができます。また、偽造されにくいため、各国で紙幣などの印刷に使われ、肖像やお金の単位を表す数字の部分などの印刷に使われています。
本づくりに必要なこと

scroll-to-top