トンボについて

印刷時の見当を合わす目安、断裁時の切る所の目安、折加工時の折る場所の目
安に使われるマークのことを「トンボ」といいます。
版下作成・製版作業・印刷の工程で重要なマークであり、レジスターマークともいいます。

トンボの種類には、印刷時の見当合わせに必要な「センタートンボ」、
断裁の位置基準として、仕上がりの四隅に付いている「角トンボ」、製本工程に必要な目印として、折りの基準を示す「折りトンボ」などがあります。

なお角トンボは内側と外側で構成されおり、。その間隔は通常3mm となっています。
内トンボは仕上がりサイズを指し、内トンボから外トンボの間は裁ち落としのための塗り足し部分となります。
tonbo

本づくりに必要なこと