カバーについて

書籍の表紙を包む紙をカバーと呼びます。上製本には付けることが多く、並製本は付ける場合と付けない場合があり、雑誌は付けないことが多いようです。

カバーには本を保護する役割があり、汚れが付きにくいようPP加工をすることがあります。

また本の全体を覆うため、本の表紙、裏表紙、背の役割のほか、タイトル、著者名をはじめとした、本に必要な情報を記します。またカバーの印象で本の印象が決まるため、装丁は本の内容を理解し、それと合った内容で、イメージアップするようなデザインのものを考慮します。
本づくりに必要なこと