ノンブルについて

本のページ番号のことを「ノンブル」といいます。英語の「number(=数)」に当たるフランス語からきています。
表紙や裏表紙は「表1」「表2」などの特別な言い方をする場合があります。

ノンブルの付け方には2種類あり、全ページに順番に数字を振っていく「通しノンブル」と、目次・本文、あるいは内容の一集合ごとに区切って再び1からノンブルを打つ「別ノンブル」に分けられます。

デザイン的に印刷面紙面にノンブルが入らない場合でも乱丁(ページの入れ間違い)を防ぐ為、版面外(トンボの外側)にノンブル(隠しノンブル)を入れて防ぎます。
本づくりに必要なこと