右開き(右綴じ)について

本文が縦書き(文字列の進行方向が下方向へ続き、段落が右から左へ順に送られる)の場合、本は右側で綴じた右開きとなります。

日本の場合、一般の書籍のほとんどが縦書きで右から左へと読み進んでいくため、右開きの本となることが多いです。他には中国や韓国などで右開きを使っていましたが、近年、韓国では横書きへの変更が進んでいて、左開きの本がメインになってきました。

右開きの中にはまぎらわしい種類もあり、例えば漫画は吹き出しの文字が横書きになっていても、コマが右上から左下に進むため、右開きとなっています。

また縦書きの本の途中に横書きの住所録などが入る場合は、一行ずつで完結していて、流れは上から下になるため、右開きにおさめても問題はありません。

縦長の本に図や表で横長のものを入れる場合は、流れを考慮して、右側を頭にすることが多いようです。
本づくりに必要なこと